海外のMRの求人

MR転職TOP >> 地域別のMRの求人 >> 海外

海外のMRの求人

MRの求人情報を見ていると、外資系の製薬メーカーがとても多いことに気付くことでしょう。外資系の製薬メーカーに入れば、のちのち海外に転勤ということになり、海外で働く夢がかなうかもしれないと考える人もいるかもしれません。ただ、MRとして日本国内で採用された場合、残念ながら海外で働くという可能性は低いのが現実です。

海外の製薬メーカーは、そもそも日本で自社の薬を広めるために日本に拠点を置いているわけです。つまり、たとえ日本で外資系の製薬メーカーに入社できたとしても、その人材は日本国内で薬をPRする役割が目的ということになり、海外へ異動するという必要性はないと考えられます。まれに、海外にある本社で研修を受けるということはあっても、それはあくまでも研修であって勤務ではありません。

このように考えると、日本の製薬メーカーに入社して海外で日本の薬をPRするための役割を担う方が現実的です。たとえ日本国内で採用されたとしても、海外に支店を持つメーカーであれば、ゆくゆくはこれらの海外の支店に転勤することになる可能性も高くなります。

海外でMRとして働いて行きたいと思った場合、まずは語学力が必要になってきます。
外国人と商談をしていく上で英会話は必要不可欠です。現在、多くの製薬メーカーでは、TOEICで800点以上のスコアがないと海外勤務をさせてもらうことは難しいとしています。
海外で勤務するためには、語学力を身に着けたり、海外留学を経験したりしておくと有利です。

転勤ではなく最初から海外でMRとして働きたいと思ったら、まずは世界各国に支店を持つ製薬メーカーを探すところから始める必要があります。日本は、欧米に比べて新薬の承認スピードが遅いということもあり、日本の製薬会社は海外から大きな後れを取っているという説もあります。そのため、今後は日本の製薬メーカーよりも海外の製薬メーカーの方が勢いを増していく可能性があります。これらのこともしっかり調べながら希望の企業を探しましょう。

希望に近い求人が見つかった場合、もちろん先ほどお話したようなレベルの語学力は必須となります。
海外のMR求人に応募する場合、履歴書や職務経歴書などの資料を英文で作成したり、英語による面接対策など、様々な準備も必要になります。
外資系企業に入社するために語学力が不可欠ですが、肝心のMRの実績をアピールすることを忘れてはいけません。面接時に重視されるのは語学力よりもMR実績という企業がほとんどです。
それぞれの国に合った営業ルールやマナーもしっかり頭に入れておきましょう。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2017 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.