MRの転職<20代の場合>

MR転職TOP >> MRの転職の基礎 >> MRの転職<20代の場合>

MRの転職<20代の場合>

20代で初めて、転職する方も多いと思います。これまでのように良い大学を卒業し、大企業に就職すれば一生会社が面倒みてくれ、年功序列で昇給が約束されるなどもう誰も考えていません。また日本では新卒一括採用の雇用制度が採用されているために、既卒になることを恐れとりあえずどこかに就職する傾向があります。

そのため本来は自分が本当にしたい仕事でなくても内定があった企業に就職し、社会人としてある程度の経験を積んだ3〜5年目に離職して第二新卒になる若者も増えています。しかし離職の理由の多くも他に転職して本当に自分がしたい仕事に就きたいとか、キャリアアップを図りたいなど積極的なものが殆どです。

もちろんその中には転職して年収アップを図りたいや、専門性のある営業職がしたいなど、より具体性がある転職を考えている方も少なくありません。そんな20代の方々に専門性のある営業職として、いま注目を集めているのがMRへの転職です。MRとは「MedicalRepresentative」のことで、日本語では医薬情報担当者と呼ばれています

かつてはプロパーと呼ばれていたMRは主に製薬会社で働きますが、製薬会社の他にもジェネリックメーカーで働いているMRもいます。医薬品には有効成分・製造方法・効能効果・用法用量の4種類の特許がありますが、ジェネリックとは新薬と同じ主成分が配合されていますがその新薬の特許が切れた医薬品のことです。

主に製薬会社で働くMRの他にも大手の外資系や内資系のCSOと呼ばれる、医薬品販売受託機関で働くコントラクトMRも存在します。CSOは製薬会社などから依頼を受けてアウトソーシングを行う企業のことで、派遣型と請負型の2つのパターンがありいずれの場合も製薬会社で働くMRの業務を担当します。

病院の医師や薬剤薬局の薬剤師に対して薬の適正な使い方や、副作用などや海外の処方例や新薬の情報提供を行うMRは専門性のある営業職です。気になるMRの年収ですが400〜1000万円と、製薬会社によってかなりの差があります。国内に56社ある上場している製薬会社で働くMRの平均年収は約700〜800万円で、20代の場合でも約600万前後とかなり高給です。

もし20代の方でMRへの転職を検討されているのであれば、リクルートエージェントのように上場している製薬会社に精通している、転職エージェントを利用されることをお勧めします

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2018 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.