MRの転職と学歴

MR転職TOP >> MRの転職の基礎 >> MRの転職と学歴

MRの転職と学歴

MRの転職にあたって、学歴がどの程度影響するか気になるという人も多いでしょう。MRの転職情報を見てみると、大学卒業以上という条件を設定している所が多いです。専門学校や短大の中には、医療系の授業を行っている所もあります。専門学校や短大の卒業者でもMRに転職できるチャンスはゼロではありません。ただし大卒と比較すると、そのチャンスはだいぶ低くなることはあらかじめ理解しておきましょう。

MRは医薬品情報担当者のことで、医薬品に関するスペシャリストというポジションで仕事をします。このため、薬学部や理系の学部を出ている人でないと務まらない職種と思っている人もいるかもしれません。しかし実際にMRとして勤務している人の学歴をチェックしてみると、かなりの割合で文系の出身者によって占められています。2013年のデータによると、薬学部の出身者は全体の12%程度に過ぎなかったと言います。理系学部の人間も3割には届きませんでした。一方文系学部の出身者は6割近くに達しています。文系の出身者でMRに興味を持っている人でも、十分採用の可能性があると思っていいでしょう。ちなみにMRは薬剤師免許のような特別な資格がないと慣れないわけではありません。

文系出身者の場合、勉学の面では医薬品とはほとんど関わることはなかったはずです。そんな人にMRの仕事が務まるのか、それでも疑問に感じる人はいるでしょう。ほとんどの製薬企業は採用したMRを対象にして、研修を実施しています。この研修はかなり本格的で、半年くらいみっちりと行っている所が多いです。この研修の中で医薬品に関する基礎から専門性の高い知識まで、徹底的に教授されます。ですから研修を終えて現場に出るころには、スペシャリストとして活躍できるだけの知識・スキルを持ち合わせています。医薬品の知識がゼロでも採用される可能性は高いでしょう。

大手の国内製薬会社の場合、MRを採用するにあたっていわゆる一流校とか偏差値の高い大学を出ている方が有利という傾向はあるようです。MRは人気が高く、大手には多くの応募者が殺到するのでふるいにかける意味でも大学名も重視する所が多いです。しかし外資系の製薬会社を見ると、あまりどこの大学を出ているかは重視しないようです。むしろ人物重視をするところがあって、いわゆる有名校を出ていなかったとしても企業との相性がいいと判断されれば、採用される可能性は十分あります。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2017 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.