MRの転職<外資系企業の場合>

MR転職TOP >> MRの転職の基礎 >> MRの転職<外資系企業の場合>

MRの転職<外資系企業の場合>

日本の製薬業界を見てみると、外資系企業の進出はかなり活発です。ノバルティスやファイザーなどが進出しています。外資系の製薬メーカーの魅力として、経営母体のしっかりしているところが多い点に注目しましょう。外資系の中でも大手メーカーを見てみると、売上高は3兆円を超えています。これは日本国内のメーカーのトップ企業と比較すると倍以上の売り上げになります。それだけの売り上げを記録していれば、収入面でも厚遇されるのではないかと考えるMRも多いでしょう。

外資系の製薬会社の中には、MRの中途採用を積極的に推し進めているところも多いです。MRの経験者などの即戦力や薬剤師免許を持った医薬品のスペシャリストを中心とした採用になります。外資系製薬会社に転職するにあたって、国内企業とでは仕事の進め方のスタイルに違いのあることは頭に入れておきましょう。外資系製薬会社の特徴として、合理的である点に注目すべきです。外資系の場合、実力主義がより国内企業よりも前面に打ち出しています。ですから実績を上げられるかどうかが評価にかかっているといっても良いでしょう。もし結果を出せば高収入を得ることも可能です。また重要なポジションを任されることもあります。外資系の製薬メーカーを見てみると、30代前半で管理職に就き、年収も1000万円以上という人も見られます。

しかし一方で結果を出せない社員に対してはシビアなところがあるのも、外資系の特徴といえます。なかなか給料がアップしない、場合によっては入社して数年でリストラの対象になってしまうこともあります。ですから外資系のMRになった場合、常にプレッシャーを感じながら仕事をする形になるでしょう。ただし人によっては、このような環境にやりがいを感じる人もいるでしょう。MRとして常にビジネスにて結果を出すためには、医薬品についての新しい情報を頭に入れる必要があります。キャリアアップ・ステップアップを希望してMRへの転職を検討している人がいれば、外資系企業も有力な選択肢の一つになるはずです。

外資系に転職する場合、年俸制を導入しているところが多い点も留意しておきましょう。年間でいくら給料を出すという方式で、1年間でどれだけの収入があるのか、あらかじめ計算できます。しかし例えばその年間で大きな業績を出しても賞与などで反映されないといったデメリットもあります。結果を出せば給料は上がりますが、翌年までその反映は待たないといけません。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2017 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.