MRの転職<高卒可の求人>

MR転職TOP >> MRの転職の基礎 >> MRの転職<高卒可の求人>

MRの転職<高卒可の求人>

日本は大学が増えて以前ほど大卒の価値がなくなってきたと言われていますが、それでも歴然とした学歴社会であることには間違いありません。ただ学歴が大きく影響するのは新卒の時で、いったん就職して社会人になればあまり影響はありません。むしろどこどこの大学を出たかよりも、これまでどんな仕事の経験と実績を残してきたかが問われます。

もちろん転職する際に応募条件として、大卒以上と記載されている求人案件もあります。ただ最近では上場会社でも営業職は学歴不問とか、高卒以上と記載されている求人案件を数多く目にします。どんなに東大や京大を卒業していても、それよりは高卒でも営業職としてこれまで経験と実績を採用するのが普通です。

つまり今の日本は新卒では学歴が採用の基準になりますが、転職する場合は社会人としてのスキルや経験が問われます。特に営業職にはその傾向が強く同業種でなくてこれまで営業職として素晴らしい成績や、実績を残していればその人材を欲しがらない企業の担当者はまずいません。

製薬企業でもそれは同じで高卒でも他社のMRとして、そこそこの経験や実績があれば転職は有利です。たとえMRの仕事の経験がなくても、営業職として経験や実績があれば製薬企業の担当者も気になります。MRとはメディカル・リプレゼンタティブと呼ばれる製薬企業やCSOの医薬情報担当者のことです。CSOとは製薬企業からMR業務の委託を受ける企業のことで、コントラクトMRと呼ばれています。

MRの仕事は大きく情報の提供・情報の収集・情報の伝達の3つに分けられ、例えば情報の提供とは自社の医薬品や新薬の情報を病院の医師や薬剤薬局の薬剤師に対して知らせます。またその場合には医薬品や新薬の効果か効能だけでなく、副作用や使用上の注意などの負の情報も伝えます。

次に情報の収集ですがこれは実際に自社の医薬品や新薬を医師や薬剤師に医療の現場で使用して貰い、その有効性・安全性・品質・副作用などの情報を収集し会社へフィードバックすることです。それによって治験では分からなかったようなことが分かり、スピーディにその医薬品の対策や販売戦略に反映することができます。

最後に情報の伝達とは自社の医薬品や新薬に関する承認の取り消しや、重篤な副作用などの情報を病院の医師や薬剤薬局の薬剤師など医療機関の関係者に、できるだけ早くまた正確に伝えることでこれもMRにとって大事な仕事です。高卒可のMRの求人情報はリクルートエージェントのような、転職エージェントで探すのが1番確実で早いのは間違いありません。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2017 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.