MRの転職<未経験の場合>

MR転職TOP >> MRの転職の基礎 >> MRの転職<未経験の場合>

MRの転職<未経験の場合>

MRはMR同士での転職も多いのですが、意外なぐらい他業種からの転職が多い職業でもあります。これは、MRの仕事が高い専門性を持つ一方、医療関係者と人間関係を作る事や的確な情報アドバイスをすることがメイン業務であることに由来していると思われます。別の言い方をすれば、長い時間をかけて習得する技術と言うよりは、本人のコミュニケーション能力や基本的な理解力の高さといった部分のほうが重要になる仕事であるため、他業種の経験を活かせる度合いもかなり高いからと言えます。

他業種から転職する場合、当たり前ですがMRは未経験となります。業種によっては、転職で未経験者がほとんど採用されないものもありますが、MRに関して言えば先に述べたような理由から、未経験でも採用される可能性がかなり高いと言えます。

ただし、MR自体が未経験といっても、その中でも採用に有利になる業務経験というものはあります。MR転職に関して有利になる経験の代表格は、医療関係職が挙げられるでしょう。看護師、薬剤師、医師といった仕事の経験は、まさにMRが接する相手であるために非常に有効な経験として見られます。また、MRの重要な役割である薬剤情報の提供にあたっても、医療関係知識、特に薬剤師は薬剤知識が基礎としてあるのと無いのとでは、製品理解の勉強にかかる労力が違ってきます。そういった意味で、未経験でも医療関係からの転職は明らかに有利だといえるでしょう。

もう一方、未経験ながらも有利な経験として見られるのが、各種営業職の経験です。MRは医療情報サービス業としての側面と、営業職としての側面を併せ持つ職業であり、特に営業に関するセンスの部分は後付で習得するのが難しいだけに、資質として重視されます。そうした意味で、他業種でも営業職として活躍した経験があれば、間違いなく有用な経験として加味してもらえるでしょう。MRで取り扱う医薬品情報というのは、日進月歩が激しいものであるだけに、どのみち就職後に勉強しなければいけない部分が多いというのも、元営業職が採用に有利なのを後押ししています。

いずれの場合でも無い、完全な未経験の場合、アピールすべきは「意欲の高さ」と「適応力の高さ」でしょう。採用後の勉強が必須とは言っても、扱う知識そのものが高度ですので、出来れば何らかの形で基礎的な知力の高さなどもアピールしておきたいところです。

MR全体としては、未経験転職歓迎の募集は結構存在しますので、転職情報サイトを駆使して、広く求人情報を探しておけば、条件に合致する職場を探すのも難しくは無いでしょう。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2018 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.