MRの転職の面接

MR転職TOP >> MRの転職の基礎 >> MRの転職の面接

MRの転職の面接

MRは医療関係者など、人と接するのが仕事ですので、転職における面接の比重は高いと言えます。また、他業種からの転職例が比較的多い仕事でもあり、単純な実務経験年数より、面接で把握される資質の方が重視される傾向にあるのです。このため、同じような経験年数があっても、面接で落ちる人、採用される人が割合はっきりわかれるということが、MR転職の面接に関しては言えます。

面接に長年携わってきた人の意見では、MRの面接では「コミュニケーション能力」「適応力」「職場を変わっても活かせる強み」という事柄が重視されるようです。MRという仕事の性質上、コミュニケーション能力が重視されるのは当然といえるでしょう。医師や薬剤師などとうまくコミュニケーションを取って、必要な情報の伝達はもちろん、細かな使用感や現場の状況などを把握するために、最も重要な能力と言って問題ありません。また、面接においてもかなり把握がしやすい能力であるため、重要視されるのも頷ける話です。「適応力」というのは、新しい職場においても素早くその場所でのやり方や、新しい顧客へスムーズに馴染むことが出来るかという能力と考えてよいでしょう。

MRはいくつかの病院に担当として入ることが考えられますし、またその担当場所が頻繁に変わるというのは珍しくない話です。製薬会社はその性質上、全国規模で営業を行なっているのが普通ですので、遠くの事業所に異動というのもやはり珍しくありません。そうした場合に、新しい環境に早く馴染めるかどうかというのは、非常に重要な資質だと言えるでしょう。そして、これまで述べてきたようにMRは、それまでの実務経験や蓄積以上に、本人の資質・能力というのが重要になる職種です。何しろ、新薬というのはまさに日に日に開発されて新しいものが出てくる以上、薬剤知識などはその都度調べて勉強し直すものですので、過去の積み重ねというものにあまり重要性がありません。そのため、「○○社で何年勤めました」というのは、ある程度の保証以上にはならないのです。そうした意味で重要視されるのが、企業、職場を変わっても有効な本人自身の強み・アピールポイントです。設備や組織に頼る度合いより、個人の能力が問われる職場というのが端的に現れていると言えます。

なお、そうした面接に関するコツや心構えなどについては、細かな部分から面接自体のセッティングに至るまで転職サイトなどに登録すればサポートを受けることができますので、利用を考えてみても良いでしょう。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2018 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.