MRの転職<大手企業の場合>

MR転職TOP >> MRの転職の基礎 >> MRの転職<大手企業の場合>

MRの転職<大手企業の場合>

大手製薬会社では、MRの募集を活発に出しているところも多いです。大手製薬メーカーのMRの募集を見てみると、広く浅くではなく狭く深くの人材を求める傾向が強まってきています。つまりある特定の領域に限定して採用を行っている製薬会社が多いです。なぜこのような特定の領域におけるスペシャリストを求めているかですが、現場のニーズの変化が背景にあるからだと見られています。現場の医師や薬剤師は、MRにより高度な情報を提供するように求めるケースが増えてきています。

Key Opinion Leader略してKOLのドクターを配置している大規模病院も多いです。KOLは医薬品や医療機器の購買を判断するにあたって、大きな権限を持ったドクターのことをさします。KOLが医薬品や医療機器メーカーのMRに対して求めることとして、価値ある情報と言ってくることが多いです。KOLのドクターは本業の空き時間を利用して、MRと合って医薬品などの情報を仕入れます。医薬品情報に関しては、自分でもインターネットなどを活用してある程度のことは調べられます。そこでネットなどには載っていない情報を求める傾向があります。「ネットでも掴めるようなありきたりの情報のために、わざわざ貴重な時間を割きたくない」という本音があります。具体的にKOLのドクターがどのような情報を求めているかですが、医薬品に関する学術的な情報、外部の医療機関の症例情報の提供などが挙げられます。

大手の製薬会社の中で、最も高いニーズのあるのが、がん治療領域であるオンコロジーに専門的な知識を持ったMRです。もしがん領域のMRの経験がある、薬剤師免許を持っているけれどもがん治療薬の取り扱いの実績が数多くあるというのであれば、転職活動のときにその点は重点的にアピールしておきたいところです。また大手の製薬会社のMRとして仕事をしてみたいと思っている、現在中小企業のMRとして活躍している人もいるでしょう。その場合、ある特定のジャンルのMR活動を行うことが今後につながっていきます。顔領域のMRが大手への転職に有利と紹介しましたが、それ以外の領域で経験を積んでいれば、その部分を評価される可能性は十分期待できます。

大手の場合、ポテンシャル採用も少なくありません。大手は研修などの教育プログラムも充実させているところが多いので、未経験者とか第二新卒の人材も積極的に登用しています。また子育てなどでブランクのあるMRも、同様に研修で現場の勘を取り戻す作業を行っているので安心して就職できるはずです。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2017 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.