MRの転職と求人倍率

MR転職TOP >> MRの転職の基礎 >> MRの転職と求人倍率

MRの転職と求人倍率

MRの求人情報ですが、そのほとんどが製薬会社によって占められています。製薬会社を見ても東証一部に上場しているような知名度の高い大手もあれば、特定の医薬品の専門メーカーで中小企業もあります。人気という面で見ると、やはり大手の有名製薬会社の方が高いです。給料の良い所が多いですし、福利厚生もしっかりしています。そして何よりも経営基盤がしっかりとしているので、長く安定して仕事のできる所が好まれているのでしょう。

その他には外資系の製薬会社がMRの募集を出すこともあります。経済はボーダーレスが進んでいて、外資系の製薬会社もどんどん日本に進出してきています。外資系の場合インセンティブシステムを導入している所が多く、きちんと結果を出せば高収入で報いてくれます。しかし結果を出せないと低収入のまま、場合によってはリストラの対象になる可能性も出てきます。そのような実力主義に魅力を感じて、あえて外資系製薬会社への転職を志望する人も見られます。

MRとして勤務している人は日本国内で6万4000人前後とされています。しかし数年の動向を見てみると、あまり数は増えていないと言われています。つまり製薬会社のMRの採用はそれほど活発ではないと推測できます。もしMRの求人情報が出ると、もともと人気の高い職種なので応募者の殺到する可能性はあります。そうなると競争率も高くなって、なかなか採用されない状況になるかもしれません。特に大手の製薬会社の場合、高倍率になる公算が高いです。

ただしこのMRの求人倍率ですが、上下動が結構あります。低い時もあれば、短期間で上昇することもあります。例えばMRだけではありませんが、メディカル領域の求人倍率が一時期2.5倍に近づくところまでいったこともあります。全業種の平均が1.30倍だった頃なので、いかにメディカルの求人情報が多く出たかを物語っています。メディカルの場合、前月と比較して5%程度増加することもままあります。ですから求人情報が少ないからと言って、すぐにあきらめるべきではありません。

MRの求人倍率がぐんと上昇するのは、例えば新薬の発売が重なった場合です。製薬会社としてもできるだけ新薬を売り出したいので、より多くのMRを確保する必要があります。新薬の情報に関しては、医療関係の雑誌やポータルサイトなどで掲載されています。新薬を出す製薬会社にターゲットを絞って、採用情報をこまめにチェックすれば、MRとして採用される可能性は高いです。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2018 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.