MRの転職と海外勤務

MR転職TOP >> MRの転職の基礎 >> MRの転職と海外勤務

MRの転職と海外勤務

製薬会社を見てみると、外資系企業も結構多いです。もしこのような外資系企業にMRとして転職できれば、海外勤務をいずれ命じられる可能性も十分期待できます。もし海外で活躍してみたいと思っているのであれば、外資系製薬会社にターゲットを絞って募集先の絞り込みを行いましょう。ただし海外勤務するとなると、通常のMR転職よりも自分には高い能力のあることをアピールする必要があります。

まず何と言っても語学力が必要でしょう。海外で勤務するとなると当然のことながら、外国人と商談を進めることになります。ビジネス英会話のスキルが必須条件となります。十分な語学力のあることを証明するためには、TOEICの試験を受けるのがオススメです。日本の企業でも広く導入していますし、世界的に広く知られた語学力審査だからです。海外勤務するためには、ハイスコアが当然要求されます。少なくとも800点以上のスコアがないと、海外勤務の可能性は出てこないでしょう。

もし海外の留学経験があると、これは有力な武器になりえます。例えば海外でMBAなどの学位を取得していれば、採用のチャンスも増えますし、早期に海外への転勤を求められる可能性も高いです。今から留学するのは無理と思う人もいるかもしれませんが、インターネットに掲載されている体験談を見てみると、オンラインでMBAを取得して、それをMRの転職活動の時にアピール材料にしたという話も見られます。

外資系企業に転職できても、いきなり海外勤務を求められることはまずないでしょう。まずは国内で仕事をして実績を出して、上司に認められることを優先させましょう。MRとして成果を出し続ければ、入社して5年も経過するとそのような話が出てくる可能性もあります。海外勤務をするために語学力を重視する人も多いですが、そもそものMRとしての実績が重視されることを忘れないようにしましょう。

海外勤務を実際行った場合、日本のビジネスの流儀が通用しないこともままあります。例えば今ではだいぶ鳴りを潜めているというものの、日本のMRは医療関係者に対して接待を行うこともまだあると言われています。しかし海外に出れば、接待をすることはまずないでしょう。特にアメリカでは、MRの接待は違法行為に該当してしまいます。もし海外でMRとして活躍したいと思っているのであれば、それぞれの国のMRのルールをしっかり身に着けることも忘れないようにしましょう。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2018 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.