MRの転職の志望動機・自己PR

MR転職TOP >> MRの転職の基礎 >> MRの転職の志望動機・自己PR

MRの転職の志望動機・自己PR

MRはその高い年収と待遇の関係上、大手の製薬会社勤務ともなれば、就職にあたって凄まじい競争率となる職業です。弁護士・医師などの士業と異なって、業務そのものに特別な資格が必要ないのも競争率を大きく引き上げている原因でしょう。実際は、採用後にMRの民間資格を取得するのが普通ですが、いずれにせよ、仕事自体の魅力や高い収入に誘われて非常に多くの人が応募するのがMRの仕事です。

さて、そんな中で、他業種からMRに転職、もしくはMRから別企業のMRに転職というのは、待っていれば採用してもらえるような甘いものではありません。数多くの志望者の中で「この人を採ろう」と思わせる何かがなければいけません。そうした中、書類審査や面接の段階で相手に好印象を与える大きな要素となるのが、「志望動機」「自己PR」です。

まず「志望動機」についてですが、これは「納得できる志望動機かどうか」「本気を感じさせる内容かどうか」が重視されます。「納得できる志望動機」「本気を感じさせる動機」とはどのようなものかといえば、やはりある程度MRの業界について知った上で、具体的に自分の「働きたい気持ち」をアピールすることでしょう。例えば、MRは間接的にですが医療に携わる仕事ですので、「人を癒す」という方面から動機を述べるのも良いですし、営業職でありながら専門性も高いという職業ですので、「キャリアアップ」という側面から動機を述べるのも良いでしょう。年収の高さなどを理由しても悪いとは言いませんが、それだけでは「本当にMRのこと知っているのかな」と思われてしまいます。「MRの事を良く知った上でやりたいと思っている」ということを示すのが最低限必要です。また、あまりに気持ち・精神的な部分によった、ふわふわした志望動機も考えものです。MRはやりがいもある仕事ですが、楽な仕事では決してありません。あまりに具体的なことがなく、意気込みだけを述べたのでは、「現実にぶつかってすぐに挫折しそうだ」と思われても仕方ありません。

次に自己PRについてですが、推すべき点は「コミュニケーション能力」と「適応力・勉強する姿勢」、そして、この自己PR自体をわかりやすく的確にまとめる表現力そのものです。MRは業務の性質上、「曖昧に物事を伝える」というのが許されない仕事です。自己PRの質はそのまま商品PRにもつながりますので、今まさに営業を行なっているつもりで述べるべきでしょう。

MRの求人を扱う転職支援サイトでは、そうした志望動機などの書類部分に関してもいろいろサポートが受けられますので、どうも自信がないという人は、登録してみるのも手です。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2017 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.