MRの転職<薬剤師資格保有の場合>

MR転職TOP >> MRの転職の基礎 >> MRの転職<薬剤師資格保有の場合>

MRの転職<薬剤師資格保有の場合>

薬剤師の中にはMRへの転職を検討する人も多いです。薬剤師の場合、調剤薬局やドラッグストアで仕事をしている人が多いです。しかしキャリアチェンジをするにあたって、薬剤師の資格を生かしながら異なる職場に行きたいと思った時にMRが有力な候補になるからです。MRは医薬品のスペシャリストですが、必ずしも薬剤師の免許は必要ではないかもしれません。実際薬剤師ではない人がMRとして活躍している事例はいくらでもあります。しかしやはり薬剤師の免許を持っているのは、医薬品の専門的な知識のあることの証明となり、転職活動では有力な武器になるでしょう。

薬剤師がMRへの転職を望むのにはいくつか理由がありますが、その理由の一つとして大きいのは待遇の良さではないでしょうか?まずMRは製薬会社勤務となるので、一般企業同様のスケジュールで仕事ができます。つまり土日や祝日は休みになり、カレンダー通りに仕事ができるわけです。調剤薬局やドラッグストアの場合、土日祝日でもオープンしているところが多く、土日に出勤しなければならないという人もいるでしょう。そのような人にとって、土日は絶対に休みという製薬会社での仕事は魅力かもしれません。

製薬会社の場合、ある程度の規模で経営しているところが多い傾向にあります。このため、福利厚生などの制度や手当が手厚いところが多いのも薬剤師がMRに転職する理由の一つです。保養施設や運動施設があって、レクリエーションに力を入れているとか、社内食堂があって割安な値段でランチを楽しめるなどのメリットも期待できます。また女性の場合、育児休暇が充実していて社員の取得実績も豊富なところも多いので継続してキャリア形成できるでしょう。バックアップがしっかりしているので、安心して仕事に集中できるわけです。

薬剤師の中で人と接することがもともと好きという人もいるでしょう。そのような人は調剤薬局などで調剤の仕事をしているよりも、MRの方にむしろ資質があるかもしれません。MRは医療現場のスタッフに医薬品情報を提供するとか、製薬会社で新薬を作った場合にはその売り込みを行います。また製薬会社の社員同士で、情報のやり取りをすることも頻繁にあります。このように人と交流をすることで業務をしていく職種です。またMRの仕事をしていく中でコミュニケーションスキルを育成することもでき、そのスキルはMR以外の世界でも今後活用できるでしょう。このような背景があって、MRへの転職を目指す薬剤師は多いです。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2018 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.