MRの転職<第二新卒の場合>

MR転職TOP >> MRの転職の基礎 >> MRの転職<第二新卒の場合>

MRの転職<第二新卒の場合>

新卒として社会に出て、それほど期間を置かないうちに退職、転職する人を俗に「第二新卒」と呼びます。大体、新卒後1年未満の場合をこう呼ぶことが多いのですが、3年未満の場合でも第二新卒に入ることもあります。

さて、この第二新卒、業種によっては新卒より大きく採用に不利になることもあるのですが、MRへの転職に関して言えばどうでしょうか。結論から言えば、「それほど気にする必要はない」というのが実際のところです。MRという仕事は本質的に実力主義の営業職です。また、仕事に必要な知識はどのみち常に更新しなければいけませんので、一年未満のスタートの遅れが致命的な差を生むということはまずありません。また、実力次第で高い収入も得られるという職種の性質上、他業種からの転職者が多数存在し、また、新卒時にMRを志したが運なく不採用となり、アルバイトなどをしながら機会を待っていたという場合も少なくないのがMRという仕事です。このため、第二新卒という立場の人がMR転職を志すのも別段珍しくなく、MR業界としても受け入れに何か支障があるわけではないというのが実情でしょう。

ただもちろん、新卒採用のタイミングに乗り遅れたというハンデは存在します。新卒時期を逃すと、どうしても大口の採用枠はなくなりますし、経験者希望の募集の割合が増えます。それを踏まえた上で転職活動に挑むべきだと言えるでしょう。こうした場合、広くアンテナを張って募集情報を探す必要がありますので、例えばマイナビエージェントのような転職支援サイトのサポートを受けるのが無難でしょう。非公開求人の存在なども加味すると、自分だけの情報網で探すのとでは、かなりの違いが出てきます。

そうしてアンテナを広く張っておけば、第二新卒歓迎のMR求人を探すのもそれほど難しくはないでしょう。第二新卒歓迎であれば、あとは自分自身の資質・能力・意欲のアピール次第です。先程も述べたようにMRは本人の実力がモノを言う職業ですので、採用にあたって新卒であるとか、第二新卒であるとかはあくまでおまけ程度であると考えておいたほうが良いでしょう。「この人材は、バリバリ働いてくれそうだ」と思わせるかどうかが何よりも重要になるという事を念頭に置いて、転職活動に励みましょう。

書類審査や面接で資質と能力、意欲を上手にアピールするコツも、転職サポートではアドバイスを受けたり相談することができます。とりあえず登録しておいて、困ったときに頼る程度にしておいても損ではないでしょう。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2017 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.