MRの転職<女性の場合>

MR転職TOP >> MRの転職の基礎 >> MRの転職<女性の場合>

MRの転職<女性の場合>

日本における女性の就業率は年々増加を続けていますが、MRも例外ではなく、女性MRもついに全体の一割を超えるようになっています。ただ、それでもまだ全体の中でマイノリティであることは否めず、MRへの転職に関しても女性ならではの事情が存在しているようです。

まず、女性がMRへと転職する場合に、しっかりアピールする必要があるのが「意欲」、特に「仕事を続けるという意欲」です。ライフワークバランスが叫ばれ、働く女性の支援も認識されつつある昨今ですが、身も蓋もない話しとして、雇う側は個人の事情より仕事を優先する存在を望みます。この点、結婚・出産・育児という大きなイベントが存在する女性は、働き続ける意欲を低く見積もられる傾向があるようです。もちろん、そんな失礼な企業に就職する必要は無いといえばそのとおりなのですが、選択肢が狭くなるのは否めません。こういった実情を考えれば、女性のMR転職にあたっては、働く意欲をかなり強くアピールしておいて損はないといえるでしょう。

また、まだまだ男性比率が高い業種でもありますので、働く仕組みが男性用になっているというのも意識しておく必要があります。具体的には育児休暇や出産休暇、託児施設といった働く女性を支援する仕組みがまだまだ未発達だということです。特に看護師など女性比率が高い職業から転職する場合は注意が必要で、変わらない意識でいると、無事採用されても思わぬギャップに困惑する事になるでしょう。

ただ、当然ながら世の半分は女性であり、女性専用に女性スタッフで構成されたクリニック・病院なども多数あります。こうした場所に対しては、女性のMRが適しているのは考えるまでもありません。現在の傾向としてそうした女性専用クリニックなどは増加してきていますので、それに応える形で女性MRの需要も増えていくものと思われます。未来に向けての転職事情は明るいと見てよいでしょう。

製薬企業によっては、すでにそうした状況を見越して、女性MRを積極的に採用しているところもあります。ただ、企業の募集方針・傾向といった細かい情報を個人で収集するのはなかなか大変な話ですし、今就いている仕事と並行するとなると尚更大変です。

そうした企業の傾向や募集情報は、医療職求人を扱う転職情報・支援サイトで転職サポートを受けて収集するのが近道でしょう。非公開求人など、転職情報サイトでなければ分からない募集情報も存在しますので、情報源としてだけでもかなり有益だとえいます。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2017 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.