第一三共のMR転職

MR転職TOP >> MRで人気企業への転職 >> 第一三共のMR転職

第一三共のMR転職

第一三共は売上高において国内2位の製薬会社です。2005年に第一製薬と三共製薬が合併して作られた企業であり、第一三共自体の歴史はまだ短いですが、それぞれの母体企業から研究資産や伝統、歴史などを受け継いでいます。なお、扱っている製品はすべて医療用医薬品であり、市販薬に第一三共の名前を見かけることは無いはずです。このため、CMは具体的な薬品名のものがなく、すべて企業イメージCMとなっているのも大きな特徴でしょう。

また、海外展開に力を入れている企業でもあり、BRICsといった新興国を中心に世界各地に拠点を構え、グループ全体の売上高のうち約5割を海外売上が占めるというグローバル企業です。また「ハイブリッドビジネスモデル」ということを掲げており、簡単にいえば新興国でのビジネスや、ワクチンビジネス、ジェネリック医薬品など幅広い場所・分野でビジネスを展開する方針です。このことから考えるに、MRもただ国内だけで勤務するとは限らず、海外でも通用するような語学力と国際感覚を身につけることが要求されるでしょう。

MRの転職に関して言えば、第一三共はMR職の採用を新卒採用に限っています。キャリア採用で募集が出されているのは「品質保証担当者」「安全性情報担当者」の二種になります。ただ、いずれの職も医薬品の情報を扱い、交渉や折衝、説明を行なうという点でMRに比較的近い職種だと言えます。第一三共へのMR転職を直接行うのは少々難しいようですが、こうした近接職からMRへの異動を目指すというのは、できない選択肢ではないと思われます。その他で考えられるのは、転職サイトなどが保持している非公開求人で第一三共の募集が含まれていないかという方向と、第一三共のMR部門スタッフと直接知り合いになって、ヘッドハンティングなどを受けるというパターンです。いずれにしても国内トップクラス製薬企業への転職となれば、MRとしてかなりの実績を積んでいる事が大前提となるでしょう。少なくとも、未経験や他業種からの転職で、直接第一三共のMRを目指すというのは、かなり難しいと言わざるを得ません。まずは未経験からのMR募集をしている企業に就職してMRとして経験を積み、その上でステップアップを目指すというのが現実的でしょう。

なお、第一三共のMRに採用に関しては、通常の新卒採用に加えて、学生対象のインターンシップ制度も実施されています。あくまで学生向けの話ではありますが、第一三共のMRについて知るには非常に有益な機会でしょう。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2017 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.