科研製薬のMR転職

MR転職TOP >> MRで人気企業への転職 >> 科研製薬のMR転職

科研製薬のMR転職

科研製薬は、たとえ患者数が少ない状況であっても、患者が求める薬なら開発するといった方針なので、確かなニーズの薬を提供できる強みがあります。その為、他の製薬会社があまり取り扱わないケースも少なくないため競合が少ないといった特徴がありますが、その反面医療現場の方々が薬や医療機器の使用方法を知らないことも多いです。しかし、手術に立ち会うなど科研製薬のMRは医療現場に直接携わる仕事ができることから、医療現場で貴重な経験を積むことができますし、医師との距離も近くなるといったメリットがあります。

また入社初年度には3ヶ月間の研修によりMR認定試験の勉強ができるなど、しっかりとした研修を実施するなど新入社員をていねいにフォローしてくれるので安心です。ちなみに、接客経験や対外交渉経験がある不動産・金融・サービス業など、様々な業界からの中途採用実績もあって、中途入社の方が支店長や営業所長として活躍することも多数あります。

科研製薬のMRは管轄地域内でエリア制を採用していて、約100軒〜300軒程度の病院を担当して、担当エリア内の病院などを1日に約10軒程度訪問することになります。ただし、担当する医療機関の数や訪問件数については、担当するエリアの地域特色や担当病院の規模などによって違ってきます。基本的に訪問活動についてはひとりで行うことになりますが、社内で数人のチームを作って協力しながらし、目標を達成のために互いカバーし合う体制になっているのです。また、訪問先の病院などで自分では即答できない質問があった場合でも、先輩社員や薬のエキスパートといえる学術部の社員がいてサポートしてくれるので安心できます。こうした情報提供や情報収集を通して多くの医師と接していくことにより、しっかりとした信頼関係を築いていくことができるのです。

科研製薬の平均年収は約757万円〜782万円程度となっていますが、MRの平均年収は約500万円〜560万円程度と考えておくと良いです。基本的には完全週休2日制で祝日も休みになっていますし、10〜20日の年次有給休暇・お盆休み・夏季休暇・年末年始休暇などがあります。また慶弔休暇・産前産後休暇・リフレッシュ休暇などをはじめ、アニバーサリー休暇や骨髄移植ドナー休暇など様々な制度を利用できるのです。それから福利厚生も充実していて、健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険などといった各種社会保険が完備されています。住宅手当・子手当・営業手当などの手当ても数多くありますし、独身社宅や世帯社宅・契約保養所などの施設も充実しているのです。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2018 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.