キッセイ薬品工業のMR転職

MR転職TOP >> MRで人気企業への転職 >> キッセイ薬品工業のMR転職

キッセイ薬品工業のMR転職

1946年に研究所として設立されたキッセイ薬品工業ですが、その後は医療用医薬品を主に製造販売するメーカーへと変わっています。神経系・循環器系の医療機関向けの医薬品が中心で、特に泌尿器領域と婦人科領域に強みがあるといった特徴を持っているメーカーです。その為、MR職は泌尿器科・内科・透析などを中心として、眼科や産婦人科など多分野の医療機関を訪問することになります。そして、地域の特性や実情を考慮した医療連携の提案や、医療従事者の個々ニーズに適した情報提供活動を行っているのです。

キッセイ薬品工業では、そうした医療機関向けの情報提供活動を推進するために、iPadを活用した安全性情報提供システムを独自につくりあげています。それにより、副作用の件数・重篤性・転帰などの副作用プロファイルや、個別症例を確認可能なラインリストなどの安全情報を提供することができるのです。MRが医療従事者に対してその場でデータを提示できるシステムを構築している企業は希少なので、キッセイ薬品工業のMR職にとって大きな武器になると言えます。また研究・開発部門をはじめ、高品質な医薬品の安定供給や安全性情報などの厳格な管理を各部門で実施して、MRに対して全社的にバックアップしているのです。それから、独自の教育研修や活動効率を高めるITシステムの開発など、サポート体制を充実することによりMRが医療関係者のニーズに的確に対応できるようにしています。

キッセイ薬品工業の全職種の平均年収は40代社員で約776万円程度となっていて、MR職においては30代社員で約550万円程度ですが、40代になると全職種の平均年収に並ぶことができます。年齢が若い時は厳しいですが勤続年数を重ねていくことで着実に年収がアップするので、誰にでも高い年収を得るチャンスがある会社と好意的に考えられるのです。MR職の平均残業時間は1ヶ月で約40〜60時間程度ありますが、みなし残業制度がないのでその分についてはしっかりと手当として支払われサービス残業になることはありません。有給取得率は全体として4割から6割程度となっていますが、部署によって差があり特にMR職は有給休暇に対して不満を述べている人が少なくない状況です。ただ、特別休みが少ないということはないので、ワークライフバランスについては問題がないと考えられる会社と言えます。福利厚生については特別なものはありませんが、その中でも好評なのは健康保険の手当が手厚いという点で、医療費の3割負担のうち7割を会社が負担してくれるのです。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2018 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.