大塚製薬のMR転職

MR転職TOP >> MRで人気企業への転職 >> 大塚製薬のMR転職

大塚製薬のMR転職

大塚製薬は単独では売上高4千億円規模を誇る国内有数の製薬企業です。関連企業が非常に多いことも特徴で、核となる大塚製薬からはじまって、大鵬薬品工業、大塚化学、大塚倉庫、大塚食品、アース製薬など数十社と密接な関連を持っています。それだけに、主力製品には日常生活で耳にする製品名が非常に多いのも特徴です。代表的な所では医薬品の「オロナイン」、食料品で「オロナミン」、「ポカリスエット」、「ファイブミニ」、「SOYJOY」、「カロリーメイト」といった、誰もが知っている商品ばかりが並びます。また、サプリメントブランドとして「ネイチャーメイド」シリーズも大塚製薬によるものであり、日常生活に非常に密着した製薬企業であるというのが最大の特徴でしょう。もちろん、医療用医薬品も取り扱っており、代表的な薬剤では胃粘膜保護に用いられる「ムコスタ」、世界中で用いられている抗精神病薬「エビリファイ」などがあります。

一般向け商品の比率が非常に高い大塚製薬は、営業職してMRの他にNC(ニュートラシューティカルズ営業)というものを設置しているのも特徴です。これはまさにMRの一般向けといえる位置づけの職種で、医療関係者に情報提供を行なうのがMRであるのに対して、一般に消費者や商店などに対して、科学的な視座でもって商品説明を行なう役割を担っています。

大塚製薬におけるMR採用は、基本的に新卒のみとなっています。対象は学部問わず学士・修士、勤務地は日本全国、運転免許は採用後必須といった募集要項です。語学力に関しては、採用時には重要視しないが、海外展開も考えるとあるに越したことはないというスタンスです。キャリア採用枠では生産技術職などが募集されています。

このように表立ってはMR転職の受け入れをしていませんので、大塚製薬にてMR転職を臨むのであれば、その他、未経験からMR募集を行なっている企業にてMRとして就職し、経験と実績を積んだ後に直接スカウトなどを期待するのが良いでしょう。大塚製薬に限った話ではありませんが、企業が優れた人材を求めるルートは、表立った募集だけではありません。転職に関して重要なのは、そういった内々の情報をつかめるようなコネクションの形成だということも言えるでしょう。また、そうしたコネクション形成が出来る人材こそが、企業がMR職として求めている人材だとも言えます。とにかく、MRとして実際に働いていれば、同じMRと知り合いになる機会は少なくないでしょうから、それを活かすのが有益になります。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2017 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.