武田薬品工業のMR転職

MR転職TOP >> MRで人気企業への転職 >> 武田薬品工業のMR転職

武田薬品工業のMR転職

武田薬品工業は日本の中でもかなり古い歴史を持つ製薬会社で、その歴史はなんと1781年にまで遡ることができます。その頃から一貫して大阪中央区に本社を置いてきた武田薬品工業は、「武田イズム(誠実=公正・正直・不屈)」という経営哲学を掲げて、現代まで経営を続けてきています。グループ全体では約3万人の従業員が働く大企業でもあり、売上高は国内製薬企業でトップ、世界全体でも24位という堂々の存在です。MR転職を考えている人であれば一度は選択肢に上らせたことがあるはずです。

主力商品としているのは「糖尿病治療剤」、「高血圧症治療剤」、「消化性潰瘍治療薬」などで、成人病やストレス疾患を抱える人が多い現代社会において、無くてはならない役割を果たしている製薬会社だと言えます。

この武田薬品工業にMRとして就職した際には、「医薬営業本部」という部署の所属となります。これは武田薬品工業本社内の部署であり、武田薬品工業にMRとして勤務するということは子会社や委託の形では無いということも意味します。押しも押されぬ国内トップ製薬企業ですので、実際の勤務地は全国津々浦々に存在しています。支店だけでも北海道から九州まで14支店が存在していますので、就職後はいろいろな所で勤務することとなるでしょう。

武田薬品工業におけるMRを特徴付けているのが「ゼネラリスト制」というスタイルです。これは、一人のMRが武田薬品工業の製品すべてを取り扱うということを意味しています。メリットとしては医薬品側のカテゴリに縛られること無く、患者の状態や医療現場での要求に対応できるという事が挙げられています、しかしこれは当然、担当するMRに膨大とも言える勉強量を要求するわけですから、武田薬品工業におけるMRは不勉強では務まらないということがわかります。実際、新卒採用後は約5ヶ月の導入教育というものが行われ、その間にみっちりと必要な知識が教育されます。これは転職の形でも期間の長短はあれど、必ず受けることになるでしょう。特に未経験であれば新卒採用時と変わらないはずです。

なお、武田薬品工業でのMR職の募集は、やはり新卒採用に重点が置かれています。病院などで情報提供や情報収集を行なう医療用医薬品MR職の募集は新卒のみとなっています。ただ、薬局や特約店を訪問して情報提供・収集を行なう一般医薬品MRは、「営業職経験者」という枠で募集もされています。

MRの転職に強い!大手転職エージェント最新比較ランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートキャリア 詳細



TOP

MRの転職の基礎

MRで人気企業への転職

地域別のMRの求人


Copyright (C) 2013-2017 MR転職エージェントランキング【※転職前に必ず読むサイト】 All Rights Reserved.